【登壇者】キャップクラウド株式会社 松永 文音

カテゴリー:新規事業 2018.06.23

「働き方」は多い。しかし、会社で認められる「働き方の選択肢」は多くない

「働き方」の選択肢を広げるための「ツール」を提供してきたキャップクラウド社が、「スペース」面から働き方の選択肢を広げることに挑戦します。

そのスペースとして、富士山の麓に「コワーキングスペース」を開設。ガラス張りの窓から、富士山というグローバルなアイコンを望める場所とのことです。設計は、東京理科大学 坂牛研究室の方々とつくりあげられました。

ただ場所を提供するのではなく、特許を取得した「入退室情報管理システム」をテレワークと紐づけて、仕組み化をしています。

開設に向けて、クラウドファンディングという新しいカタチでの資金調達を行いました。「働き方の選択肢を広げる取り組み」について、想いをお話いただきました。

※なお、キャップクラウド株式会社が運営するコワーキングスペース「anyplace.work 富士吉田」が2018年8月1日よりプレオープンしています。

コワーキングスペースanyplace.work 富士吉田の詳細はこちらから