【登壇者】CAC CAPITAL株式会社 代表取締役 前田 卓也

カテゴリー:新規事業 2018.06.23

CVC代表が「イノベーション」について思うこと

CAC Capitalの前田氏は、昨年末からCVCの代表に就任しています。

前田氏は、それまでは事業会社にて社内新規事業の立ち上げ、M&A、ベンチャー投資など、既存事業活動の延長のみでは獲得し難いものを追い求める活動をされています。
そのようなご自身の背景を踏まえ、現在のファンドや投資先のご紹介と共に、イノベーションについて日ごろ考えていることをお話しいただきました。

国内スタートアップ向け投資を推進するCVC

CAC Capitalは、株式会社CAC Holdingsが設立した、マルチ・ストラテジーを志向するCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)です。新規事業創出を目的に、国内スタートアップ企業への投資を目的として設立されました。

株式会社CAC Holdingsは、IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループの持株会社です。CACグループは企業向けのITサービスや人事BPOサービス、社会保障分野の年金管理システムや年金制度研究、医薬品開発支援サービスなどの提供をしています。

同CVCでは、投資先スタートアップに対して、経営・マーケティング・ファイナンス・オペレーションなどのハンズオン支援を行い、ベンチャー企業の成長支援や協業などによってグループでのオープンイノベーションを支援していくとのことです。そして、「マルチ・ストラテジー」型のファンド運営にて、運用ストラテジーの活用およびポートフォリオ運用・管理を行い絶対収益を目指しています。

CAC Capitalの詳細はこちらから